生活

子供の集団心理 【 子供も空気を読んでいます 】

子供たち 生活

今回は、半年間小学生のバスの添乗をして、発見したことについて説明していきます。

自分の卒業した私立の学校のバスです。

バスについて直接ではなく、バスを通して、子供たちについて分かったことを話します。

実体験に基づく記事です。「こうでない」との意見や、間違いの指摘は、コメントしていただければ幸いです。

結論:子供にも、感覚に基づいた独自の集団心理があります。

集団心理とは、群集状況のもとで醸成される、群集に特有な心理のこと群集心理ともいう。

集団心理 - Wikipedia

Wikipediaより引用

子供がおしゃべりしない

私が添乗したバスは、小学生のおしゃべりは基本禁止で、

騒がしくなれば、私が注意するようになっています。

バスには、小学校1年生から、小学校6年生の子供がいて、

始めは、うるさくなることを覚悟していましたが、

しっかり気を配ると、意外と静かにしてくれるんですよ。

日々の「最初の5分」

意外と静かにする日もあれば、騒がしい日もあるので、最初は、

子供は気まぐれだなぁ
と思っていたのですが、ふと気になってなぜこんな差が出るのかを観察したり、自分の言動や、
子供たちの会話内容を記録して考えたんです。

最初は様子を見る

子供たちがバスに乗るとき、毎回最初の5分位は静かにするんです。

これは想像できたことなのですが、子供たちは様子を見てから、

「喋っていい空間」なのか、「喋ると注意される空間」なのかを

なんとなくで判断します。

このなんとなくが、子供の世界では、とても大事なのでしょう。

これは私の憶測ですが、子ども同士でのいじめや、無視、嫌がらせなどは、このなんとなくの考えがすれ違って、おこるものではないのでしょうか。

現に、子ども同士でのいじめについて聞いても、「なんかうざかったから」や「なんとなく」と答える子供が多くいます。

複数人のときは、提供者が一人

子供たちが二人以上(主に三人、四人)で話すとき、話題の提供者は基本的に一人です。

流れでいうと、

  1. Aくんが話題を提供。
  2. Bくん、Cくん、Dくんがその話題について話したりする
  3. 話題が抽象的になっていく。
  4. 話題がそれていく。

この4段階の4つ目(話題がそれる)は、子供たちが複数人で話すときの重要なポイントです。

例えば、


この前犬が~

へ~犬って、

うん、けどペットだから~

ペットだと~

猫もそうなの?

いや、猫と犬は~


上の吹き出しの会話でいうと、

一つ目で話題の提供があります。2つ目でその話題を掘り下げて、

3~4つ目で、犬からペット全体へと話題が抽象的になりました。

5~6は、話題がそれて猫について話します。

今回の例は二人でしたが、実際は、より人数が増えないと、このテンプレートに合うことは多くないでしょう。

しかしこの話題の中心には、犬がいます。話題はそれるのですが、犬については終わっていません。

ですがこの話題も終わってしまいます。そうなると、新たな話題の提供者が現れます。

このサイクルが、子供たちの会話です。

注意して収まるタイミング

本来最も望ましいタイミングは、

話題が終着したときです。

しかし、子供の会話なので、途中でヒートアップすることもあります。

ですがそれでも、悪いタイミングで注意すると、自分は子供を黙らせたのではなく、

その話題を無理やり終着させただけです。

新しい話題が生まれ、またヒートアップするのは見えています。

そこで、するべきなのは、「終わらせる注意」ではなく、「話題をそらす注意」です。

なぜかというと、子供たちは、話題がそれていくたびに、それについて考えていく必要があるからです。

一つの話題にとどまればとどまるほど、掘り下げる時間は必要になり、それに伴って、どんどん子供たちもテンションが上がります。

なら、どこで注意すればいいのか

答えは、話題が抽象的になった時です。そのタイミングが一番子供たちの話題がそれやすく、

子供たちも落ち着きやすいタイミングだからです。

なんといって注意するか

シンプルに「静かにして」などでは、話題を終わらせるだけです。

注意する側からすれば、少し面倒かもしれませんが、「面白い話だけど、ちょっと声小さめでお願いしていい?」といいます。

我々は、ペットのしつけをしているわけでもありませんし、その保護者でもありません。

なので、わざわざきつい言葉を選ぶ必要はありません。

話す事自体は否定せず、声を抑えてもらうようにすれば子供たちは「邪魔になっているのか」と思ったりします。

なんとなくでいろんなことを決断できる子供たちは、こちらに配慮するつもりで、静かにしてくれます。

最後に

これはあくまでも、私の経験に基づく考えと憶測です。

「違うのではないか」と考えられたら、コメントで教えてくだされば、幸いです。

今後もバスについての経験を話していこうと思います。

今回は以上です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました