地政学

ジェノサイド

地政学


今回は、ジェノサイドについて説明します。

ジェノサイドとはジェノサイドは第2次世界大戦に作られた言葉です。ジェノサイドは、第1次世界大戦以降の特定の民族の虐殺行為を指します。ジェノサイドは、今まで3回行われました。

第1のジェノサイド


一回目のジェノサイドは、アルメニア人大虐殺です。

これは、第1次世界大戦下のオスマン帝国が、戦況の悪化を機にアルメニア人ヘイトを向けました。

この結果、推定100万にから150万にのアルメニアが虐殺されたと言われています。

この時、アルメニア人虐殺の被害を受けたラファエル●レムキンが後のジェノサイドの言葉を作ります。

現在では、トルコ共和国はアルメニア虐殺を行なったことを否定しています。

第2のジェノサイド


2回目は、ナチス政権下のドイツ帝国のホロコーストです。

ドイツ帝国は、第二次世界大戦の末期に掛けユダヤ人の多くを殺害しました。

今の所、約56万人のユダヤ人が殺害されました。

そして、戦後のニュルンベルク裁判で初めて公で使われました。

第3のジェノサイド


3回目はルワンダ虐殺です。

これは、ベルギー統治下であったルワンダでツチ族を優遇されフツ族を差別を行われました。

その後、ベルギーが本国へ戻るとツチ族とフツ族が対立が起きました。

その結果、ルワンダ虐殺へと繋がります。

このジェノサイドは、おおよそ80万にのツチ族と穏健派フツ族が殺されました。

しかし、もっと恐ろしいのは殺害方法です。

1回目と2回目のジェノサイドでは、殺害方法は毒殺か銃殺か餓死が殆どでした。

けれども、このジェノサイドは、マチェーテと呼ばれる鉈や鍬で殺害が行われています。

それだけではなく、親の前で赤子を殺し子の前で親を犯しツチ族に犬の性交渉のマネをさせツチ族に死んだ人間の肉を食わせました

これは、1994年の100日間の間で行われました。

第4のジェノサイド


現在、分かっているのがこのぐらいです。

ですが、行われている可能性がある地域があります。

ウイグルとチベットです。

中国から脱国したウイグル人とチベット人から中国が虐殺している可能性が高いです。

中国人は、少数民族に避妊さしたり強制収容所で民族のアイデンティティーを消したり無実の罪で拷問されています。

また、チベット侵攻して得た地域から在来種のパンダを他国に高額でレンタルさせてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました